健康になりたい

40代で喘息と好酸球性副鼻腔炎になりました。入院日記や健康ネタなどを書いています。

喘息、好酸球性副鼻腔炎、アレルギー持ち。

インドで入院した話

前回の耳鼻科、呼吸器内科の検診では、共に症状は良い方向へ向かっているようです。
喘息の発作も起こさなくなったし、大分楽になってきたと感じています。

去年の今頃は、手術のため耳鼻科に入院していました。
そして一昨年の今頃は、インドで入院をしていました。

パソコンデータの整理をしていたらインドの写真が出てきて、懐かしく思い出しました。今となっては、思いがけずよい経験ができたなあと思います。
写真の整理がてら、ブログに書いてみます。

インド旅行中に体調を崩して入院したの?と聞かれますが、入院のためインドへ行ってきました。入院期間は約2週間です。

ある日会社が吸収され、上司がインドになりました。
しばらくして私は喘息になってしまったのですが、優しい上司はいつも心配してくれました。
なかなか病状が良くならず、止まらない咳、熱や頭痛、仕事にも支障をきたすようになってきました。
会社を休んだり早退する日が増え、そろそろクビかしら…と思っていたある日、残業後の電車で上司と一緒になりました。

上司は「インドにはアーユルヴェーダ(インドの伝統医学)の病院があって、薬草やオイルマッサージ、食事療法で病気を治す方法がある。自分の家族も入院したことがあり、とてもよくなった。あなたも入院してみたらどうか?」と言ってきました。
私は「有給を通院で使い果たしたので、クビになったら行ってみますー。」と答えました。
長い休みが取れないのはもちろんのこと、海外旅行の経験があまりなく、英語ができないので、当時の私にとっては現実味のない話でした。
(上司は日本語ペラペラなので、私との会話は100%英語です)

その後症状がさらに悪化した私のために、上司が入院の手配をしてくれ、バタバタと準備して、気がついたらインドにいたという感じです。
入院中に会話は全て英語で困ったこともありましたが、いつか時間ができたら、また行ってみたいなあと思っています。

f:id:mayu2017:20180712102503j:plain