健康になりたい

40代で喘息と好酸球性副鼻腔炎になりました。入院日記や健康ネタなどを書いています。

喘息、好酸球性副鼻腔炎、アレルギー持ち。

副鼻腔炎入院日記 その3(入院2日目、手術日)

入院2日目、手術当日です。今日は1日食事なしです。

手術開始

朝食は抜きで、朝8時半に手術着を着て病室でスタンバイ。
ベッドに寝たまま、手術室へと運ばれていきます。
手術室の中は医療ドラマで見る風景そのままで、ちょっと嬉しかったり。

f:id:mayu2017:20170801014728j:plain(写真はイメージです。)

点滴で麻酔をするのですが、針や血が苦手な私は麻酔が怖くてドキドキでした。
毎月採血していますが、今だに寝てじゃないと無理なのです…。
血圧と心拍数が上がりまくりで、アラーム?が鳴りっぱなし。
恥ずかしかったですが、自分よりずっと若い看護師さんに手を握って励ましてもらいました。

麻酔が効かなかったらどうしよう…と心配していたのですが、気がついたら眠っていて「手術終わりましたよ。」という看護師さんの声でが覚めました。本当にあっという間でした。全身麻酔、すごいです!

そのままベットごと運んでもらい、病室に着いた時「13時45分です。」と言われました。事前の説明ではお昼には終わると言われていたので、少し長引いたようです。鼻茸(ポリープ)が7個もあったせい?

手術後

術後2時間で、体調が悪くなければ歩いてトイレに行くことができます。
6時間は酸素マスクを付けたままで、水を飲むことはできません。
腕には点滴が刺さり、鼻には綿球が詰められた状態です。
顔や鼻が痛く辛かったので、痛み止めと入眠剤をもらいました。(血圧が上がり出血しやすくなるので、我慢しないで痛み止めを飲むように言われていました。)

生理中でも手術はOKとのお話でしたが、私は生理期間を外して入院しました。
手術中は膀胱に管が入りますし、術後は痛みと熱でトイレまで歩くのも大変だったので、生理中だったらきつかったかもしれません。

とにかく手術の日の夜は、痛くてだるくて眠れなかったという印象です。